研究会について

委員長あいさつ

委員長あいさつ
ピジョン にっこり授乳期研究会
運営委員長 笠原 かほる

 ピジョンは半世紀以上にわたり赤ちゃんとママを研究・調査しつづけ、常に育児の困りごとや不安を理解し解決に努めてまいりました。ピジョンはこれからも、より多くの赤ちゃんが健やかに育ち、より多くのママやご家族が育児に幸せを実感できる社会を実現していきたいと考えております。

 そこで、ピジョンは今まで蓄積してきた研究や調査をベースに、各国各領域の専門家の皆さまと共に授乳の問題への理解を深め、様々な議論を行い、解決策を見出したいと考え、この研究会を発足するに至りました。

 できるだけたくさんのみなさまと願いを共有させていただき、赤ちゃんとママの「にっこり」に貢献できるよう努力してまいります。 ご指導とご支援、よろしくお願い申し上げます。

委員長 プロフィール

1989年早稲田大学文学研究科心理学専攻博士課程前期修了。当時の研究テーマは新生児の発達と母子関係。 修士論文は慈恵医大小児科学教室との共同研究。同年、ピジョン㈱入社。基礎研究室配属。保育施設ピジョンランド設立に携わった後、調査、商品企画を経験。マーケティング部チーフマネージャー、マタニティインナー販売子会社ピジョンウィル㈱社長、国内ベビー・ママ事業本部副本部長を経て、2015年より開発本部本部長(現職)。 「こどもは未来である」を信条に、より良い商品をお客さまにお届けすることで「赤ちゃんのにっこり」を実現することが夢。大学生になる息子がいる。